財務・未財務ハイライト

修正連結利益・修正連結ROE

利益の拡大と高い資本効率の実現
2020年度の修正連結利益は2,021億円、修正連結ROEは8.0%と過去最高となり、2023年度の修正連結利益3,000億円、修正連結ROE10%以上達成に向け、着実に進捗しています。

リスク分散比率・海外事業比率

収益安定性とレジリエンスの向上
収益安定性の向上、レジリエントな事業ポートフォリオの構築に向け、新中期経営計画ではKPIとして、リスク分散比率*1および海外事業比率*2を設定しました。新中期経営計画期間最終年度である2023年度に、リスク分散比率は2020年度(39.4%)比改善、海外事業比率は30%以上の達成を目指します
*1リスク分散比率 : リスク分散効果÷グループリスク総量(分散効果考慮前)
*2海外事業比率(地域分散比率) : 海外保険事業修正利益÷修正連結利益

株主還元

魅力的な株主還元の実現
修正連結利益の成長に伴い、還元総額(株主配当+自己株式の取得)は着実に増加。今後も魅力ある株主還元の実現を目指します。
配当については8期連続の増配(2021年度予想を 含む)を見込んでおり、新中期経営計画においては、増配の継続および株主還元に占める配当の割合を高める方針としています。

トータル・シェアホルダー・リターン(TSR)

出典:Bloomberg

SOMPOのパーパス実現を通じた株主価値の向上
過去10年間のトータル・シェアホルダー・リターン*は、同業他社を上回って推移。今後もSOMPOのパーパス実現へ向けた取組みを通じて、着実な株主価値の拡大を目指します。
* トータル・シェアホルダー・リターンとは、配当再投資後の収益率です。

正味収入保険料

社会が直面する未来のリスクから人々を守る

マテリアリティ: あらゆるリスクに対する備えの提供

2020年度の正味収入保険料は、海外保険事業を担うSOMPOインターナショナルによる大幅増収が寄与し、980億円増の29,235億円となりました。今後も、当社グループの中核を担う保険事業を通じ、あらゆるリスクに対する備えの提供を充実させることで、社会が直面する未来のリスクから人々を守っていきます。

Insurhealthの普及を通じた健康への貢献・保健指導事業およびメンタルヘルスサービスによる健康支援・より多くの人々を支える介護サービスの提供

健康で笑顔あふれる未来社会を創る

マテリアリティ: 健康と笑顔を支えるソリューションの提供
         持続可能な高齢社会への貢献

健康で笑顔あふれる未来社会に向けて、当社グループは健康を応援する保険商品の販売から、ヘルスケアサービス、そして介護サービスの提供まで、幅広く取り組んでいます。当社の強みの1つである事業の多様性を活かし、これからも、あらゆるライフステージにおける人々の健康と笑顔を支えるソリューションの提供を通じて、持続可能な高齢社会に貢献していきます。

事業別役職員比率

多様性ある人材やつながりにより、未来社会を変える力を育む

マテリアリティ: 未来社会を変える人材集団の実現

「安心・安全・健康のテーマパーク」の具現化に向けて、さまざまな事業を展開している当社グループでは、他社にはない人材の多様性が強みの1つです。多様な人材が集まることによって起きるグッド・クラッシュ(知の衝突)を歓迎し、新たな価値を生み出すイノベーションの創出に取り組んでいます。

温室効果ガス排出量(スコープ1~3)*

SOMPO気候アクションの展開

マテリアリティ: 経済・社会・環境が調和したグリーンな社会づくりへの貢献

当社は経営基盤に位置づけるSDGs経営の一環として、「SOMPO気候アクション」を打ち出し、気候変動への取組みを加速させていきます。気候変動の緩和に向けては、2021年度から「2050年のカーボンニュートラル」水準の新たな温室効果ガス削減目標を掲げ、当社グループの主要ビルで使用する電力を再生可能エネルギーへ切り替えるなど、経済・社会・環境が調和したグリーンな社会づくりへの貢献に取り組んでいます。
* スコープ1(ガソリンなどの使用による直接排出)、スコープ2(電力などのエネルギー起源の間接排出)、スコープ3(輸送や出張など、バリューチェーン全体における間接排出)の合計値です。
算定対象範囲は、当社および主要な連結子会社です。なお、2017‐2019年度の排出量は、2020年度の算出基準で再計算しています。
【第三者機関による保証】 SOMPOホールディングスでは、報告数値の信頼性を確保するため、2020年度の温室効果ガス排出量(スコープ1~3)について、ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド(LRQA)による第三者検証を受けています。

SOMPOホールディングス 連結財務指標


2018年度 2019年度 2020年度
業績概況(百万円)
 経常収益
 正味収入保険料
 生命保険料
 経常利益
 親会社株主に帰属する当期純利益
 包括利益
 
3,643,040
2,718,155
349,606
198,959
146,626
△ 54,460
 
3,760,366
2,825,482
356,064
192,451
122,515
△ 77,806
 
3,846,323
2,923,547
346,177
215,097
142,482
512,417
1株当たり情報(円)
 当期純利益
 配当額
 (うち中間配当額)
 潜在株式調整後当期純利益
 
392.26
130.0
65.0
391.96
 
334.12
150.0
75.0
333.89
 
397.40
170.00
80.00
397.16
財政状態(百万円)
 純資産額
 総資産額
 自己資本比率(%)
 連結ソルベンシー・マージン比率(%)
 
1,779,911
12,018,254
14.6
859.8
 
1,612,584
11,977,836
13.3
856.1
 
2,031,168
13,118,656
15.4
871.8
株式情報(株)
 期末発行済株式数(除く自己株式)
 
372,426,159
 
364,125,082
 
354,956,543
修正財務指標
 修正連結利益(億円)
 修正連結ROE(%)
 
1,135
4.5
 
1,508
6.4
 
2,021
8.0

修正財務指標
修正連結利益とは、日本会計基準の連結純利益から、異常危険準備金などを調整した事業の成果をより適切に示す利益指標です。
当社は、同利益を株主還元の原資としています。

修正連結利益・修正連結ROE等の定義

前中期経営計画 新中期経営計画
事業部門別修正利益*1
国内損保事業*2 当期純利益
+異常危険準備金繰入額(税引後)
+価格変動準備金繰入額(税引後)
―有価証券の売却損益・評価損(税引後)
当期純利益
+異常危険準備金繰入額(税引後)
+価格変動準備金繰入額(税引後)
―有価証券の売却損益・評価損(税引後)
海外保険事業 当期純利益(主な非連結子会社含む)
なお、Sompo InternationalのみOperating Income*5

Operating Income*5
なお持分法適用関連会社は、原則当期純利益

国内生保事業 当期純利益
+危険準備金繰入額(税引後)
+価格変動準備金繰入額(税引後)
+責任準備金補正(税引後)
+新契約費繰延(税引後)
―新契約費償却(税引後)
当期純利益
+危険準備金繰入額等(税引後)
+価格変動準備金繰入額(税引後)
+責任準備金補正(税引後)
+新契約費繰延(税引後)
-新契約費償却(税引後)
-有価証券の売却損益・評価損(税引後)
介護・シニア事業 当期純利益 当期純利益
デジタル事業*3 当期純利益
-投資に関する売却損益・評価損(税引後)
ヘルスケア事業等*4 当期純利益
修正連結利益 事業部門別修正利益の合計 事業部門別修正利益の合計
修正連結純資産 連結純資産(除く国内生保事業純資産)
+国内損保事業異常危険準備金等(税引後)
+国内損保事業価格変動準備金(税引後)
+国内生保事業修正純資産*6
連結純資産
(除く国内生命保険事業純資産)
+国内損害保険事業異常危険準備金
等(税引後)
+国内生命保険事業価格変動準備金
(税引後)
+国内生命保険事業修正純資産*6
修正連結ROE 修正連結利益÷修正連結純資産
(分母は期首・期末の平均残高)
修正連結利益÷修正連結純資産
(分母は期首・期末の平均残高)
リスク分散比率 リスク分散効果÷グループリスク総量
(分散効果考慮前)
海外事業比率
(地域分散比率)
海外保険事業修正利益÷修正連結利益
  1. 事業部門別修正利益は、一過性の損益または子会社配当等の特殊要因を除く
  2. 損害保険ジャパン株式会社、セゾン自動車火災保険株式会社、損保ジャパンパートナーズ株式会社、Mysurance株式会社、損保ジャパンDC証券株式会社、SOMPOリスクマネジメント株式会社、株式会社ティアフォー、株式会社DeNA SOMPO Mobility、akippa株式会社、株式会社DeNA SOMPO Carlife、株式会社プライムアシスタンスおよびSOMPOワランティ株式会社の合計
  3. Palantir Technologies Japan株式会社、SOMPOオークス株式会社およびABEJA株式会社(2021年度以降)の合計(2020年度まではいずれも介護・ヘルスケア事業等として区分)
  4. SOMPOヘルスサポート株式会社、ウェルネス・コミュニケーションズ株式会社、SOMPOアセットマネジメント株式会社および株式会社フレッシュハウスの合計(2020年度まではいずれも介護・ヘルスケア事業等として区分)
  5. 一過性の変動要素を除いたOperating Income(=当期純利益-為替損益-有価証券売却・評価損益-減損損失など)で定義
  6. 国内生命保険事業修正純資産=国内生命保険事業純資産(日本会計基準)+危険準備金(税引後)+価格変動準備金(税引後)+責任準備金補正(税引後)+未償却新契約費(税引後)