グループCEOからのご挨拶

「安心・安全・健康のテーマパーク」を目指して

グループCEO 取締役社長 櫻田 謙悟

ステークホルダーの皆さまには、日頃よりご愛顧を賜り、厚く御礼申しあげます。
SOMPOグループは、国内損害保険、海外保険、国内生命保険、介護・ヘルスケアの4つの事業を中心に事業を展開しています。私たちは、VUCA*1と呼ばれる、不安定で不確実性が高く、複雑かつあいまいな時代を勝ち抜いていくために、「お客さまの安心・安全・健康に資する最高品質のサービス」を提供し、社会に貢献することをグループ経営理念として掲げ、世界にも類を見ないユニークかつ先進的な「安心・安全・健康のテーマパーク」の実現を目指しています。
「安心・安全・健康のテーマパーク」とは、安心・安全・健康という抽象的な概念を目に見える形に変換し、社会の中心である「人」の人生に寄り添い、デジタル・テクノロジーなどのあらゆる先進技術を適切に活用し、社会的課題を解決していくとともに、ひとつなぎで支えていく存在を意味します。SOMPOグループは自らが果たすべき役割を進化させ、企業価値を向上させるとともに、社会的課題の解決やサステナブルな社会の実現を目指し、多様なステークホルダーの声を取り入れながら、グループ経営理念の具現化を目指してまいります。

2016年度からスタートした5年間の中期経営計画においては、各事業の魅力を徹底的に高めると同時に、新たな事業機会の探求、グループ内の事業間連携やデジタル技術を活用したお客さまサービスの拡充などに取り組んできました。グループの重要課題に取り組むことで事業ポートフォリオの変革を推し進め、ミッション・ドリブン(使命ありき)、リザルト・オリエンテッド(実現志向)な企業文化への転換、企業文化の変革を果たすための取組みを進めています。
グループ最大の事業である国内損害保険事業は、既存事業の収益性強化と、業界の垣根を越えた先進的なプレイヤーとの協業やデジタル活用による新たな収益源の創出を、海外保険事業は、グループの利益成長ドライバーとして、真に統合されたプラットフォームのもとで全世界でのオーガニック成長の加速と規律あるM&Aを含めた最適なポートフォリオの構築を、国内生命保険事業は、保険とヘルスケアを統合した「InsurhealthⓇ」の展開を通じて、伝統的な「生命保険会社」から「健康応援企業」への変革がもたらす着実な利益成長を、介護・ヘルスケア事業は、シニアマーケットでの収益基盤の拡大に向けた高品質・効率経営による収益性向上と、認知症をはじめとした高齢社会が抱える社会的課題の解決による「世界に誇れる豊かな長寿国日本」の実現との両立を、それぞれ課題として取り組んでいきます。また、今後はSOMPOグループ各社とパートナー企業において生成される「リアルデータ*2」を統合・分析することによる新しいビジネスモデルの創造にもチャレンジしていきます。

グループガバナンス体制の強化にも取り組んでいます。
業務執行体制においては、これまでにグループCEOおよびグループCOOの全体統括のもと、事業オーナー制およびグループ・チーフオフィサー制を採用し、敏捷かつ柔軟な意思決定および業務執行ならびに権限・責任の明確化を図ってきました。今後は更に、Global Executive Committeeと経営執行協議会(MAC)という2つの会議体の機能を最大限に活用することで、グループの成長を支える強固な執行体制の構築を目指していきます。
監督体制においては、指名委員会等設置会社へ移行したことにより、社外取締役を中心とした取締役会が構成されるとともに、指名委員会、監査委員会および報酬委員会の3つの法定委員会が設置されました。各委員会の委員長は社外取締役が務めており、グループガバナンスの強化に向けて公正かつ活発な議論が行われています。

SOMPOグループはこれらの取組みを通じて、「安心・安全・健康のテーマパーク」へのトランスフォーメーションを果たし、飛躍的な成長を遂げることを目指していきます。
ステークホルダーの皆さまにおかれましては、今後ともなお一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

  • 1 Volatility(不安定性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字をとったもの。
  • 2 個人・企業の実世界での活動についてセンサー等により取得されるデータ(健康情報等)(対義語は「バーチャルデータ(Web、SNSなどのネット空間での活動から生じるデータ)」)

2020年6月

SOMPOホールディングス株式会社
グループCEO 取締役 代表執行役社長

櫻田 謙悟