執行部門における意思決定プロセス(Global ExCo、MAC)

当社は、Global ExCo : Global Executive Committee( 以下、Global ExCo )と経営執行協議会( MAC:Managerial Administrative Committee)という2つの執 行会議体を有しており、2つの会議体は取締役会から権限委譲された範囲内で、以下の役割・機能のもと、グループにおける重要テーマを議論し、迅速かつ適切なプロセスで意思決定を進めています。なお、執行部門に権限委譲された事項も、原則、取締役会へ報告する方針としており、他にも取締役による執行会議のオブザーブなど、さまざまな形で執行に関する情報が取締役と共有される仕組みを確保しながら、透明性も担保しています。

Global ExCo

【議長】
グループCEO

【メンバー】
グループCEO、グループCOO、国内損害保険事業オーナー、海外保険事業オーナー、国内生命保険事業オーナー、介護・シニア事業オーナー、デジタル事業オーナー、海外M&A統括、ヘルスケア領域担当、グループ・チーフオフィサー

【開催頻度】
原則、年6回

【役割・機能】
海外役員を含めたダイバーシファイされたメンバーで、当社グループの戦略や業務執行方針などの経営に重大な影響を与えるテーマについて議論を行い、迅速かつ的確にハイレベルな決定を行っていく執行部門の最上位の会議体です。 執行部門を監督する取締役会に対しては、議論の内容を報告するだけでなく、取締役自らがオブザーブしたり、重要テーマに関してはフリーディスカッションの機会を設けるなどして、意思決定プロセスの透明性確保にも努めています。

MAC

【議長】
グループCOO

【メンバー】
グループCOO、国内損害保険事業オーナー、国内生命保険事業オーナー、介護・シニア事業オーナー、デジタル事業オーナー、ヘルスケア領域担当、グループ・チーフオフィサー、主要国内グループ会社トップ

【開催頻度】
毎月

【役割・機能】
主に国内事業案件や管理業務案件に係る重要事項などは、グループCOOの諮問機関である経営執行協議会(MAC)で具体的に協議されます。また、案件に応じてGlobal ExCoの事前協議を行うなど、Global ExCoの指示に基づき追加の議論を実施しています。MACでの議論内容は、すぐさま海外役員を含むGlobal ExCoメンバーに共有しており、2つの会議体が有機的に連動しています。



Global ExCoを中心とした会議体運営



2020年度にGlobal ExCo、MACで議論された主要テーマ

SOMPOのパーパス 新中期経営計画 
働き方改革  人事(D&I)戦略 
国内・海外投資案件
デジタル戦略
BCP関連