SDGs経営

当社グループは、1888年に日本初の火災保険会社として創業以来、保険を通じ、変化する社会課題へ解を提供することで成長を遂げてきた実績を持つ企業グループです。近年では、少子高齢化という社会課題に向き合うべく介護事業に本格参入するなど、本業を通じた社会課題解決に取り組み続けています。
また、CSRへの取組みについては、1992年のリオ地球サミットへの参加を契機に、環境NPOなどのステークホルダーとの協働やサステナビリティ関連団体への積極的参画など、CSR先駆者として豊富な実績を持っています。
これらの実績・強みに加え、多様な事業を持つ「安心・安全・健康のテーマパーク」と各事業が生み出す豊富なリアルデータ、ステークホルダーとのネットワーク、多様な人材といったプラットフォーマーとしての資質を活かし、新中期経営計画では、当社グループのパーパス実現に向け、本業を通じた社会課題解決により経済価値と社会価値の創出に取り組む「SDGs経営」を、新たに経営基盤として位置付けました。その推進にあたっては、当社グループが取り組む社会課題および戦略・アクションに対し、マテリアリティ・KPIを定めることで経営のフレームワークに組込むとともに、そのアウトカムを世界共通言語のSDGsで客観化しながら発 信・訴求することで、PDCAを実践していきます。またこのSDGs経営では、本業でSDGsへ貢献してきた実 績・強みと社会変革を担うプラットフォーマーの資質を最大限発揮し、イノベーションと価値創造に向けた「パートナーシップ」のプラットフォーマーを目指していきます。

SOMPOのマテリアリティ

SOMPOの存在意義を示すパーパスおよびその実現に向けた価値創出ストーリーと新中期経営計画の検討に際し、当社では中長期的なメガトレンドの分析や社会課題の洗い出しをもとに、当社グループが有する強みやリソースからどんな社会課題に向き合い、どんな価値を提供していくのかについて徹底的に議論をしました。
加えて、国連グローバル・コンパクトやISO26000(社会的責任に関する国際規格)などの国際規範をもとに、社会やステークホルダーにとって重要な課題もふまえ、網羅的に社会課題を洗い出し(ロングリスト作成)、その中から優先的に取り組む社会課題をSDGsの169ターゲットなどを活用して絞り込み(ショートリスト作成)を行いました。
これらの課題に対して、当社グループが経営戦略上、どのようにアプローチするかのという視点から整理・統合し、経営上の重点課題として7つのマテリアリティとして体系化しています。
各マテリアリティに対して設定したKPIを各事業・各社のSDGs推進計画に組み込んだうえで具体的アクション、責任者などを明確化しており、今後はこれらの進捗状況を管理し、課題把握や対策を実施することで、パーパス実現に向けた着実なPDCAを実践していきます。

マテリアリティ特定プロセス

SOMPOのパーパス実現に向けて

SOMPOのパーパス実現に向けたSDGs経営

SOMPOの働き方改革