「世界に誇れる豊かな長寿国日本」の実現に向けた取組み

グループを挙げた認知症への取組み

当社グループは「お客さまの安心・安全・健康に資する最高品質のサービスをご提供し、社会に貢献する」という経営理念の実現に向け、認知症に関する社会的課題に注目し、「認知症に備える・なってもその人らしく生きられる社会」を目指しています。

「SOMPO認知症サポートプログラム」の展開

「認知症に備える・なってもその人らしく生きられる社会を」というスローガンを掲げ、本プログラムをグループ全体で展開しています。

1.【業界初】笑顔をまもる認知症保険

2018年10月、SOMPOひまわり生命は業界初となるMCI(軽度認知障害)を保障する健康応援型商品「笑顔をまもる認知症保険」を販売開始しました。
MCIや認知症を一時金で保障する保険機能に加え、認知機能チェックや認知機能低下の予防に資するサービス、認知症の基礎知識や介護に関する情報を提供するWebサービス、認知症サポート「SOMPO笑顔倶楽部」、万が一介護が必要となった場合はSOMPOケアの介護サービス等を提供することにより、認知症の発症および進行を遅らせるとともに、介護までを一貫してサポートします。

2.【業界初】介護離職を防止する保険『親子のちから』の販売開始

損保ジャパンは、近年増加している親の介護による離職という社会課題を解決するため、親を介護しながら働く子(成年)の「仕事と介護の両立」を支援できる業界初の保険『親子のちから』を開発しました。
被保険者となる子(成年)が介護サービスを円滑に利用でき、同時に子が負担する親の介護費用を補償する、介護サービスと保険の一体提供を実現した商品です。

3.SOMPOケアによる介護事業

当社は、2015年12月にワタミの介護、2016年3月にメッセージを子会社化し、「SOMPOケア」として地域のお客さまに在宅介護から施設介護まで、フルラインで最高品質の介護サービスを提供することを目指しています。
認知症が発症しても、その方らしく暮らし続けられるよう、ご利用者さまの想いを聞き、健康状態や生活環境などの観察をもとにケアを行います。お薬の見直しやお身体の苦痛緩和、栄養状態の改善に向け医療と連携したり、睡眠・排泄・活動などの状況把握にデジタル技術を活用するなど、個別性の高いケアを目指します。

4.認知症サポート『SOMPO 笑顔倶楽部』の提供

2018年10月、株式会社プライムアシスタンスは、認知機能チェックや認知機能低下の予防に資するサービス、認知症の基礎知識や介護に関する情報を提供するWebサービスを開始しました。損保ジャパンが提供する「親子のちから」とSOMPOひまわり生命が提供する「笑顔をまもる認知症保険」等の付帯サービスとしてもご利用いただけるサービスです。
なお2020年8月、本サービスの一部の機能を会員以外の方に開放しています。

5.認知機能低下の抑制に有効なプログラム「SOMPOスマイル・エイジングプログラム」の開発

2020年には、FINGER研究*を率いたカロリンスカ研究所のキビペルト教授、および国立長寿医療研究センターの監修のもと、高齢者の生活習慣改善を通じて認知機能低下を予防するプログラム「SOMPOスマイル・エイジングプログラム」を開発しました。キビペルト教授が公認する世界初の「FINGER研究の全国規模の社会実装プログラム」となります。
今後、本プログラムを全国に展開していくことで、日本における認知症発症リスクの減少を目指します。

  • FINGER研究とは、フィンランドで行われた「高齢者の生活習慣への介入による認知機能障害予防の研究」です。1,260 名の高齢者を対象に、食事指導・運動指導・認知機能トレーニング・生活スタイル指導の4つの介入を同時に行うことで、軽度の認知機能障害の進行を抑制することを世界で初めて証明しました。
    日本においても、「日本版FINGER研究」と言われる「認知症予防を目指した多因子介入によるランダム化比較試験(略称:J-MINT研究」が、2019年より実施されています。SOMPO ホールディングスは、将来の社会実装を見据えた認知症予防サービスの仕組み構築を目指して、本研究に分担機関として参画しています。

認知症理解に向けた取組み

1.認知症サポーターの育成

当社グループは、認知症について正しい知識を持ち、認知症の方や家族を温かく見守り、支援する認知症サポーターの育成を進めています。当社グループの役職員および損保ジャパンの保険代理店従業員の認知症サポーターおよびキャラバン・メイト*の合計人数は、2021年3月末時点で21,321人です。

  • キャラバンメイト
    認知症サポーターを養成する「認知症サポーター養成講座」を開催し、講師役を務める資格を有する者をいいます。キャラバン・メイトになるためには所定の養成研修を受講し、登録する必要があります。

2.世界アルツハイマーデー(9 月21 日)に向けた取組み

SOMPOグループは、国際アルツハイマー協会と世界保健機関が共同で設立した世界アルツハイマーデー(9月21日)にあわせ、各種イベント等を実施しました。

(1)損保ジャパン本社ビルを活用した認知症啓発メッセージの発信
2017年から行っている認知症啓発・支援活動のテーマカラーであるオレンジ色を使ったイベントとして、2020年度は世界アルツハイマーデー当日である9月21日に、損保ジャパン本社ビルを認知症啓発・支援活動のテーマカラーであるオレンジ色にライトアップしました。

(2)認知症を考えるセミナーの開催
「公益社団法人認知症の人と家族の会」と本セミナーの趣旨に賛同いただける企業・機関等の方々の協力のもと、2020年9月21日の世界アルツハイマーデーにあわせ「withコロナ時代に求められる認知症の共生と予防」をテーマとして、ウェブセミナーを開催しました。
前年までの、会場開催時の参加者人数を大きく上回り、全国から約2,000名の方に視聴していただきました。

3.認知症ケアのヒントがみつかるサイト「あんなこんな」の開設

SOMPOケアが介護の知見を在宅介護の皆さまにお役立ていただきたいという思いからご提供している、自宅で認知症のある方を支える人を応援するサイトです。介護のあんな困りごとやこんな困りごとに対して、認知症ケアのプロの知見にもとづいた「介護の現場の知恵と工夫」を在宅の認知症ケアに活かしたヒントをご紹介しています。
「あんなこんな」は2020年にグッドデザイン賞を受賞しました。

4.認知症の理解を深める活動への協賛等

(1)「SOMPO認知症エッセイコンテスト」の開催
認知症フレンドリーな取組みが社会に広がることを願い、「認知症とともに生きる・・・誰もが自分らしく生きられる未来へ」をテーマに、2020年度にエッセイコンテストを実施しました。
受賞作品は、認知症介護の中で生まれたご本人と支え合う方との絆や感謝の気持ちがこもった実体験エピソードなどしみじみと考えさせられる作品ばかりとなっています。

受賞作品をまとめた作品集はこちら⇒

(2)「RUN伴」への協賛・参加
認知症の方やご家族、支援者、一般の方々がリレーをしながら、一つのタスキをつなぎゴールを目指すイベント「RUN伴」に2018年から協賛するとともに、グループの役職員がランナーとして参加しました。

  • 2020年度は、新型コロナウイルス感染拡大により中止。

(3)「日経認知症シンポジウム」への協賛
超高齢社会で増加する認知症に関して、ご当事者視点での現状と課題を「産・官・学・市民」のマルチステークホルダーで議論する「日経認知症シンポジウム」に2019年度より協賛しています。

(4)認知症医療介護推進フォーラムの共催
2019年度より、2017年度に包括連携協定を締結した「国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター」主催にて認知症医療介護推進フォーラムを共催しています。2021年2月7日に実施した同フォーラムは「認知症と新型コロナウイルス(covid-19)」をテーマにウェブセミナー形式で実施しました。

健康寿命延伸プロジェクト『仕事付き高齢者向け住宅 SOMPOケア ラヴィーレ多摩川』実証の実施

SOMPOケアは 株式会社TOKIMEKU JAPAN(以下、「TOKIMEKU JAPAN」)と提携し、当社が運営する介護付きホームのご利用者に有償の就労機会を提供する取組みを実施しています。
SOMPOケアは、多様化する高齢者およびそのご家族のニーズを汲み取り、対応しながら培ってきた総合力を活かし、ご利用者に「自分らしい暮らしを続けられる環境」を提供すべく日々取り組んでおり、ご利用者の「働きたい」「社会の役に立ちたい」という想いを実現するため、ケア介護ファッションブランド「KISS MY LIFE」を展開するTOKIMEKU JAPANと共に、ご利用者が介護用品向けアクセサリーを製作するプロジェクトを実施しています。当該プロジェクトを通じて、ご利用者が地域で新たなつながりを作り、喜びややりがいを持って暮らせるよう支援していきます。

SOMPOケアは、ご利用者の健康状態や生活環境を考慮しながらさまざまなニーズに対応するとともに、真に高齢者の尊厳を守り、その方らしく暮らせる住まいづくり、持続可能な事業モデルの構築を目指していきます。

  • 2020年4月より、新型コロナウイルス感染症の影響で中断中

介護サービスの品質向上に向けた取組み
~より一層働きやすく、働きがいのある職場づくり~

介護を必要とする高齢者の数は増加を続けており、介護サービスの現場では、人材確保が喫緊の課題となっています。
SOMPOケアは、この需給ギャップを解消するために、介護人材の確保と定着に寄与すること、そして十分な介護技術、知識を持つ社員に対して、その専門性の高さを評価して納得感のある処遇とすること、さらには介護職の社会的地位向上を通じて介護業界全体の発展に貢献することを目的として、2019年10月に介護職の処遇改善を実施しました。
また、同社は社員が働きやすく、存分に活躍できる体制を構築するため、処遇改善に加え、職場環境の改善や人材育成、人事制度の整備等にも、注力しています。

処遇の改善

同社は、処遇改善の第一段階として、特定処遇改善加算に加えて年間約10億円の会社財源を投資し、介護福祉士を中心とした社員の処遇を2019年10月から「地域トップクラス」の水準に引き上げました。そして、第二段階として、2022年には、介護職のリーダーを担う社員の処遇を看護師と同等水準まで引き上げる計画です。

働きやすく、働きがいのある職場を目指す、その他の取組み

(1)人事制度の整備
2018年7月、新人事制度を導入しました。これにより、わかりやすい等級制度や目標チャレンジ制度を設け、長期的なキャリアアップのイメージや多様なキャリア選択が描きやすくなりました。また、末永く働ける仕組みの一つとして、退職金制度を導入しました。

(2)職場のハラスメント撲滅
特に社員とご利用者・ご家族間のハラスメントを深刻な問題と捉え、未然に防止するための留意点、発生時の初動対応等を周知徹底し、相談支援体制を構築しています。また、ご利用者・ご家族に対しては、ハラスメント等の迷惑行為についてご説明し、サービスの提供範囲について十分な理解を求め、契約範囲外のサービスの強要を防止しています。

(3)充実の教育研修制度
2016年4月に開設した業界唯一の企業内大学「SOMPOケアユニバーシティ」を活用し、実践向けの技術や知識を習得する場を提供しています。また、従来13日間だった新卒社員の入社時研修を、2020年度から6か月間に延長しました。介護の専門性に加え、自己啓発や自己実現の意識が高い人材を育成します。

(4)ICTデジタルの積極的な活用による業務効率化
2019年2月、「人間」と「テクノロジー」の共生による新しい介護の創造プロジェクト「Future Care Lab in Japan」を始動しました。介護品質の向上と生産性向上を目指し、国内外の最新テクノロジーを検証しています。また、今後の介護人材の不足に備え、確かなエビデンス、ICT・デジタル技術の活用による、介護スタッフの業務負担軽減と介護品質の向上を進めています。

●「SOMPOケア リアルデータ経営」の始動

2020年5月、介護サービスご利用者の自立支援やQOL向上、社員の業務負荷軽減ならびに介護現場の生産性向上等を目的として、「SOMPOケア リアルデータ経営」を始動しました。SOMPOホールディングスとパラマウントベッドホールディングスの業務提携に基づき集約されるリアルデータをはじめ、事業活動に伴うあらゆる情報をデータ化し一気通貫で管理するプラットフォームを構築していきます。

まず、パラマウントベッド社製の「眠りSCAN」を介護付きホームの全居室(約18,000室)に導入します。眠りSCANは、マットレスの下に設置することで内蔵したセンサーにより、体動(寝返り、呼吸、心拍など)を測定し、睡眠状態を把握する機器です。

今後、睡眠データおよび睡眠以外の介護データ(食事、投薬、アクティビティ等)も含めた大量のリアルデータのデータベースを構築します。介護職員、看護職員がデータ活用により専門性を高め、介護施設のご入居者さまへ付加価値の高いサービス提供を行い、ご入居者のQOL向上、業務効率化による介護業界の労働環境の改善、生産性向上を実現します。

●~人生会議で、“これから”をより豊かに~
オリジナルエンディングノート「夢結いのーと」と啓発冊子を制作

SOMPOケアは経営理念に掲げる「人間尊重」という考え方に基づき、高齢者の皆さまに充実した生活と、最期までその方らしく、尊厳ある人生を送っていただくために「ACP(アドバンス・ケア・プランニング)-人生会議-」以下、「人生会議」)に力を注いでいます。
2021年2月、人生会議をより身近なものとし、気軽に始められる実践ツールとして、オリジナルエンディングノート「夢結いのーと」と、“これから”に備えて身近な人と人生会議を始めるきっかけになる啓発冊子「人生会議なるほどブック」を制作し、誰でも自由に活用できるよう公式ウェブサイトで公開しました。
同社では、2019年から人生会議に関する社内研修を本格的にスタートし、人生会議への理解を深めてきましたが、今後は全ホーム・事業所で人生会議への取組みを広げていく予定です。

  • 両ツールともに、緩和医療の専門家である同社顧問の松岡順治先生(岡山大学病院緩和支持医療科)監修

今後について

介護における需給ギャップ解消のための人材確保と定着,業務効率化による生産性向上は、当社のみならず業界全体の問題です。引き続き、処遇改善をはじめとして職場環境の整備を進めES(従業員満足)向上に努めるとともに、介護職の魅力やその専門性の高さなどを発信することを通じて、介護職ならびに介護業界全体の社会的地位の向上に取り組んでいきます。

高齢のお客さまにやさしい「あんしんサポート」サービスの提供

損保ジャパンパートナーズは、高齢のお客さまにより一層の安心をお届けするため、独自に開発した「あんしんサポート」サービスを提供しています。
これは、災害の発生やお客さまの長期不在などによりお客さまと連絡が取れなくなった場合に、あらかじめご登録いただいたご家族の方などにご連絡させていただき、安否確認とともに満期などのご案内を行うサービスです。
ご連絡が取れないまま保険の満期日を過ぎてしまい、ご契約が途切れてしまうことを防止し、お客さまそして離れて暮らすご家族の方にもご安心していただけます。
2013年9月からサービスを開始し、2021年3月末時点で33,694名のお客さまにご登録いただいております。
今後ますます進展する超高齢社会に向け、ご高齢のお客さまにやさしい保険代理店を目指してサービス品質の向上に努めてまいります。

●「あんしんサポート」サービスの仕組み

  • サービスは当社の保険契約者に対して無料で実施しています。