健康に資する取組み

社員の健康維持・増進の取組み

グループの経営理念である「お客さまの安心・安全・健康に資する最高品質のサービス」を実現するためには、「社員およびその家族の健康が大切である」という考え方のもと、グループ各社において健康維持・増進につながるさまざまな取組みを実施しています。

業務品質の向上には、社員の能力向上はもちろん、その基礎となる心身の健康保持が何より重要です。社員一人ひとりが心身の健康を保ち充実した生活を過ごすことは、いきいきと働くための基礎であり、企業の活力につながります。このため損保ジャパン日本興亜では、社員の健康への意識を高める取組みを行っています。

●メンタルヘルス

SOMPOヘルスサポートと提携し、メンタルヘルス専門の産業医を本社ビルに配置しています。定期的なメンタルヘルスケアチェックのほか、医師・看護師などの専門医療スタッフが、相談受付やカウンセリングを行っています。
また、社員が自ら心の健康について理解し予防・軽減・対処する「セルフケア」として、心の健康状態を早期に把握し、メンタルヘルス不調を防止する「ストレスチェック」を実施しています。管理職向けには、上司が心の健康に関して職場環境などの改善や部下の相談対応を行う「ラインケア」に積極的に取り組む体制を構築しています。

【主な取組み】

  • テレワークやシフト勤務を活用したワークスタイルイノベーションの推進
  • 社員の健康状態や課題を見える化した「健康レポート」を発行(損保ジャパン日本興亜)
  • 仕事と健康の両立を考える場として、「仕事と健康の両立セミナー」を開催(損保ジャパン日本興亜)
  • メンタルヘルス専門の産業医を本社ビルに配置し、定期的なメンタルヘルスケアチェックを実施(損保ジャパン日本興亜)
  • 社員のメンタルヘルス不調を防止する「ストレスチェック」や管理職が心の健康に関して職場環境などの改善や部下の相談対応を行う「ラインケア」に積極的に取り組む体制の構築(損保ジャパン日本興亜)
  • 社内運動サークル活動の活性化(SOMPOビジネスサービス)
  • 年2回のストレスチェック実施(SOMPOシステムズ)
  • 全社終日禁煙の実施(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
  • アプリを活用した生活習慣改善プログラムの実施(SOMPOヘルスサポート)
    など

【社外からの評価】
グループ会社6社が、経済産業省および日本健康会議の運営する健康経営優良法人認定制度において、「健康経営優良法人2018 大規模法人部門(ホワイト500)」に認定されました。
(認定を受けた6社)

  • SOMPOホールディングス株式会社【2年連続】
  • 損害保険ジャパン日本興亜株式会社【2年連続】
  • SOMPOシステムズ株式会社
  • SOMPOビジネスサービス株式会社【2年連続】
  • 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社【2年連続】
  • SOMPOリスケアマネジメント株式会社【2年連続】

【今後の取組み】
SOMPOヘルスサポートが提供する「健康経営推進支援サービス」なども活用し、取組みの継続的な効果検証や見直しを図っていくことにより、各社のさまざまな健康課題の解決や社員・家族の健康維持・増進につなげていきます。