アセットマネジメント事業を通じたESG投資

アセットマネジメント事業を通じたESGへの取組み

責任ある投資家として資産運用会社ができること

SOMPOアセットマネジメントは、2014年に制定された責任ある機関投資家としての諸原則を定めた「日本版スチュワードシップ・コード」の趣旨に全面的に賛同し、自ら進んで受け入れています。投資先企業との建設的な対話や議決権行使の実施など、スチュワードシップ活動を通じた取組みは、投資先企業の価値向上や持続的成長を促し、ひいては社会・経済全体の持続的発展に寄与するものと考えます。
また、同社は、創業来一貫して、中長期的な投資収益の獲得を目指すアクティブ運用を中心に事業展開を行ってきました。財務情報のみならずESG(環境・社会・ガバナンス)要素を含む非財務情報を的確に把握し、適切な投資価値を導き出すことで、投資リターンの拡大を図り、お客さまの中長期的な資産形成に貢献する運用商品を提供しています。

持続可能なインベストメントチェーンの確立に向けた取組み

同社は、株式投資などを通じて、お客さまからお預かりした資金の投資収益を最大化することを目的に行動しています。しかし投資収益は、運用会社である同社が直接作り出すものではありません。運用成果の源泉は、投資先の企業がそれぞれの事業から生み出す中長期的な収益であり、同社はインベストメントチェーンの中でお客さまと企業の間の橋渡しをしているに過ぎません。したがって運用会社がすぐれた運用成果を出していくためには、企業の事業内容と収益構造を深く理解し、適切な価値評価を行い、投資に値する企業をアクティブに選別していくことが、説明責任を持つ機関投資家として必然の手段である、と考えます。
同社の運用スタイルは、日本版スチュワードシップ・コードとコーポレートガバナンス・コードが有機的に作用し合う「持続可能なインベストメントチェーン」の確立に寄与するものです。同社は、良質なアクティブ運用を提供するための活動を徹底することが投資先企業やその先にある社会・経済全体の持続的発展に貢献するものと考えます。

投資価値評価とESG要素の関係(ESGインテグレーション)

同社は、あらかじめ定めた投資候補企業について、現時点での投資先か否かにかかわらず常に状況を把握し、継続的に投資価値を評価しています。投資先企業の価値向上や持続的成長に関心を払いながら、中長期的な投資収益の獲得を目指すアクティブ運用においては、財務情報のみならず、ESG(環境・社会・ガバナンス)情報などの非財務情報についても的確に把握することが必要です。同社では、企業のESG情報を継続的にモニターし、投資価値として統合的に評価することで、運用プロセスの中にESG要因を組み込んでいます。

企業との対話

企業と投資家の間で建設的な対話を実現するためには、両者の関心事項が一致することが必要です。同社は、投資先企業の中長期的な収益力や財務・資本政策を的確に把握するため、企業の付加価値創造と分配のプロセスの理解に対話の重点を置きます。共通の目的である企業価値向上と持続的成長を対話の軸に据えることで、お互いの認識の共有を図り、課題解決に向けた建設的な意見交換を行います。
2020年度は、約700社の投資候補先企業を選定し、同社アナリストのリサーチ活動を通じて、企業との個別対話を607件、説明会等への参加を1,957件、計2,564件の対話の機会を得ることができました。

社内体制の強化

同社はCIOを委員長とし、運用各部門長とコンプライアンス・リスク管理部長で構成される「責任投資委員会」が責任投資全般を指揮・監督する機能を有します。その下で「責任投資推進室」がスチュワードシップ活動を含む責任投資を推進していく組織として存在し、専任の「ESGスペシャリスト」を配置して、様々なイニシアティブの活動に参加しています。
国連責任投資原則(PRI)などのグローバル・イニシアティブが提唱する責任投資・ESG投資の概念は、もはや世界の機関投資家の共通認識となりつつあります。同社は今後もPRIをはじめとする国内外の関連イニシアティブに積極的に参画し、そこで得た知見をさまざまな社会課題解決のためのエンゲージメント活動に生かしていきます。