気候変動の「緩和」に向けた取組み

取引先と連携した環境・社会的責任の取組み

損保ジャパン日本興亜は、取引先の皆さまと連携しながらバリューチェーン全体でのCSRの取組みを行っています。
当社と取引のある廃棄物収集運搬・処分業者や、印刷業者、物流業者などに対し、グループCSRビジョン、グループ環境ポリシーおよびグループCSR調達ポリシーを通じて、当社の取組姿勢を共有するとともに、廃棄物の適切な処理、当社ビルへの有害物質の持込の禁止などの環境配慮の取組みや、児童労働や強制労働により製造された製品や紛争鉱物の使用など国際規範上問題とされる製品を使用しないことを要請するなど、バリューチェーンにおける環境や社会に配慮した取組みを推進しています。
また、紙の選定・購入については再生紙推進の観点から業者を選定し、グリーン購入ルートを確立しています。

グループCSR調達ポリシー

2010年に米国で成立したドット・フランク法*1、2015年に英国で施行された現代奴隷法*2、2017年4月に発行された持続可能な調達に関する国際規格ISO20400など、企業に対するサプライチェーンを含めた適切な対応が高まっています。SOMPOホールディングスでは、このような社会的要請の高まりを踏まえ、お取引先をはじめとするステークホルダーと連携し、持続可能な社会の実現に向けてより一層の貢献をしていくことを目的に、公正・公平な取引、法令などの遵守、社会的課題に配慮した調達を行うことを定めた「グループCSR調達ポリシー」を制定しています。

  1. 企業に対して、自社製品にコンゴ共和国から産出される鉱物が含まれているかどうかを調査する義務等を課した法律
  2. 企業のサプライチェーン上に、強制労働や人身取引などの人権侵害の有無を確認させる義務等を課した法律

紙使用量削減に向けた取組み

●損保ジャパン日本興亜

グループCSR-KPIに基づき、PDCAサイクルによるマネジメント体制を構築し削減に取り組んでいます。
帳票作成の合理化や電子化など、余剰印刷物を発生させない運営体制を構築しています。
また、タブレット端末の導入による社内会議資料のペーパーレス化などに力を入れ、紙使用量の削減に継続的に取り組んでいます。

●損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

紙使用量の削減、環境への配慮、お客さまの利便性向上の観点から、CD-ROM版の「ご契約のしおり・約款」を導入しています。
CD-ROM版の「ご契約のしおり・約款」は、[1]全文検索機能、[2]付箋(ふせん)貼り付け機能、[3]メモ機能、[4]拡大・縮小表示機能などがあるデジタルブックで収録しました。また、お客さまの視点に立ち、わかりやすさ、使いやすさを考慮した結果、実際にはご契約していない複数の商品を収録するのではなく、商品ごとにCD-ROMを分けて、提供しています。

●セゾン自動車火災

2017年7月1日以降始期の自動車保険契約を対象に、お客さまのマイページで保険内容を確認・印刷できる「デジタル保険証券」(PDFファイル)を導入するとともに、これまで紙で送付していた保険約款、事故・トラブルサポートブックを電子ファイルにて提供しています。そのほか、社内会議におけるタブレット端末による資料の電子化などにより、紙使用量の削減に取り組んでいます。

●そんぽ24

インターネットによる申込手続きだけでなく、電話による申込手続きにおいても申込書を不要とし、申込みに関するペーパーレス化を実施しています。2017年10月からは、お客さまからの車検証(写)等の郵送による提出を不要とし、ペーパーレス化をさらに推進しました。また、インターネットによる申込手続きの際に、お客さまが保険証券送付の省略を選択された場合の保険料割引を導入し、紙使用量のさらなる削減を図っています。2017年度の証券省略割引適用契約率は、47.0%でした。