決算の概況および業績予想

経営成績等の概況

当連結会計年度の世界経済は、米国での着実な景気回復や中国を中心とする新興国の持ち直しの動きもあり、全体として緩やかな回復が続きました。わが国経済は、生産・設備投資が緩やかに増加し、企業収益や雇用情勢が改善する中、輸出や個人消費も持ち直し、緩やかな回復基調が続きました。

このような経営環境のもと、当連結会計年度における当社グループの業績は次のとおりとなりました。
経常収益は、保険引受収益が3兆3,697億円、資産運用収益が2,543億円、その他経常収益が1,459億円となった結果、前連結会計年度に比べて3,505億円増加して3兆7,700億円となりました。一方、経常費用は、保険引受費用が2兆8,680億円、資産運用費用が292億円、営業費及び一般管理費が6,084億円、その他経常費用が1,224億円となった結果、前連結会計年度に比べて4,503億円増加して3兆6,281億円となりました。
以上の結果、経常収益から経常費用を差し引いた当連結会計年度の経常損益は、前連結会計年度に比べて998億円減少して、1,418億円の経常利益となりました。経常利益に特別利益、特別損失、法人税等合計などを加減した親会社株主に帰属する当期純損益は、前連結会計年度に比べて265億円減少して1,398億円の純利益となりました。
当連結会計年度は、海外連結子会社の組織再編に伴う子会社清算益を特別利益に計上したことや組織再編に伴う税金費用の減少などもありましたが、北米ハリケーン等の海外自然災害により正味発生保険金が増加したことや固定資産処分損の増加により特別損失が増加したことなどもあり、減益となりました。

当社グループのセグメントごとの業績は次のとおりであります。

国内損害保険事業
正味収入保険料は、自動車保険などの増収により、前連結会計年度に比べて61億円増加し、2兆2,184億円となりました。親会社株主に帰属する当期純損益は、保険引受利益、資産運用粗利益が減少したことなどにより、前連結会計年度に比べて410億円減少し、1,127億円の純利益となりました。

国内生命保険事業
生命保険料は前連結会計年度に比べて246 億円増加し、3,419 億円となりました。親会社株主に帰属する当期純損益は、前連結会計年度に比べて1 億円減少し、74 億円の純利益となりました。

介護・ヘルスケア事業
経常収益は前連結会計年度に比べて87 億円増加し、1,278 億円となりました。親会社株主に帰属する当期純損益は、前連結会計年度に比べて53 億円増加し、14 億円の純損失となりました。

海外保険事業
正味収入保険料は、前連結会計年度から新たに連結の範囲に含めた子会社について、当連結会計年度においては期首からの損益が含まれていることなどにより、前連結会計年度に比べて2,982 億円増加し、6,363 億円となりました。親会社株主に帰属する当期純損益は、前連結会計年度に比べて80 億円増加し、208 億円の純利益となりました。

財政状態の概況

当連結会計年度の連結総資産は、国内外における保険営業の伸展などにより増加した一方で、Canopius AGの株式譲渡などによる減少により、前連結会計年度に比べて171億円増加し、11兆9,483億円となりました。
当連結会計年度のキャッシュ・フローにつきましては次のとおりであります。
営業活動によるキャッシュ・フローは、法人税等の支払額の増加などにより、前連結会計年度に比べて1,164億円減少し、2,464億円となりました。
投資活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度における子会社株式の取得に伴う支出の反動などにより、前連結会計年度に比べて4,948億円増加し、△318億円となりました。
財務活動によるキャッシュ・フローは、債券貸借取引受入担保金の減少などにより、前連結会計年度に比べて4,304億円減少し、△665億円となりました。
以上の結果、現金及び現金同等物の期末残高は、前連結会計年度に比べて1,575億円増加し、9,310億円となりました。

今後の見通し

次連結会計年度の業績につきましては、以下の条件を前提に、経常利益2,900億円、親会社株主に帰属する当期純利益2,100億円と予想しております。

  • 正味収入保険料については、過去の実績等を踏まえた、当社独自の予測に基づいております。
  • 次連結会計年度発生の国内自然災害に係る正味発生保険金(除く家計地震)については、過去の実績等を勘案して480億円を見込んでおります。
  • 市場金利、為替レート、株式相場については、2018年3月末から大きくは変動しない前提としております。

なお、上記の予想は本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づいて作成したものであるため、実際の業績は、今後の様々な要因によって大きく異なる結果となる可能性があります。