「安心・安全・健康のテーマパーク」の実現を支えるERM

1.「経営の羅針盤」としてのERM

VUCAという不安定で不確実性が高い時代において、リスク管理は、「ブレーキ」として損失を回避する従来の役割だけでなく、機会損失を低減させるという観点で現場に寄り添い、グループを適切な方向に導く「ナビゲーター」としての役割がますます重要になってきています。
これは、変化が激しい荒波の航海における高機能な羅針盤に例えられます。すなわち、最適な航路を決定するため、船の現在地や水平線の先にある危険、進むべき方向を正確に把握する役割が求められているのと同様、ERMにおいては、グループの財務状況を把握し、対処すべきリスクを的確にとらえて対応する役割が期待されています。
当社グループは、「安心・安全・健康のテーマパーク」の実現とともに、海外保険事業ではSOMPOインターナショナルのもと、真に統合されたグローバルプラットフォームを目指すなど、グループ全体のトランスフォーメーションを進めています。このように、世界に類を見ない先進的なグループへのトランスフォーメーションを支えるべく、保険会社の枠組みを越えた、さらなるERMの進化に取り組んでいきます。

2.ERMの文化浸透

環境変化に迅速に対応するためには、各現場における臨機応変な対応が必要となります。そのためには、共通の軸に基づいた判断が可能となるよう、組織の隅々まで根付いた「リスク文化」の醸成が重要です。
グループの全役職員がERMを理解し、同じベクトルに向かって行動できるようにするため、ERMが目指す姿や基本的な考え方となる「ERMビジョン」を策定しました。このビジョンのもと、各現場において、リスク対比の収益性(ROR)の向上や財務健全性(ESR)維持などの観点からの具体的な判断や行動を促していきます。

ERMビジョン

  • SOMPOホールディングスグループの戦略的リスク経営(ERM)は、適切なリスクのマネジメントを通じて、企業価値向上と社会貢献をサポートし、すべてのステークホルダーとの共存共栄を目指します。
  • その実現に向けて、
    1. 進化・多様化するリスクを的確にとらえてコントロールし、グループの健全性を維持し続けます。
    2. 公平・適正な価格でお客さまに最高品質のサービスをご提供するとともに、適切な対価でリスクをお引き受けします。
    3. 『安心・安全・健康のテーマパーク』の具現化に向け、より適切な事業ポートフォリオの構築に努めます。
  • グループの全役職員が、「SOMPOホールディングスグループのERMは世界一」と言われるまで戦略的リスク経営を実践します。