CSRのあゆみと主な取組みのインパクト

当社グループは、時代の変遷とともにCSRの取組みを深化させてきました。
主な取組みについて現在までのインパクトをまとめています。

あゆみ

  • ◇は社会の動きを示します。

1965「黄色いワッペン」贈呈事業開始

1976(財)安田火災美術財団(現:(公財)損保ジャパン日本興亜美術財団)設立
東郷青児美術館(現:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館)開館

1977(財)安田火災記念財団(現:(公財)損保ジャパン日本興亜福祉財団)設立

1987《ひまわり》(ゴッホ)一般公開開始

1989人形劇場「ひまわりホール」(名古屋)を開設

1990「地球環境室」を設置

1991(財)日本興亜福祉財団(現:(公財)損保ジャパン日本興亜福祉財団)設立

1992◇リオ・デ・ジャネイロで「環境と開発に関する国連会議(地球サミット)」開催、安田火災(現:損保ジャパン日本興亜)の社長が、経団連ミッションの団長として参加

1993「市民のための環境公開講座」開始
役職員のボランティア組織を発足
ボランティア休暇・休職制度導入

1995国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)「保険業界環境声明」に署名

1996役職員有志による社会貢献ファンド開始

1997ISO 14001(環境マネジメントシステム)認証取得(国内金融機関初)

1998「環境レポート」発行(国内金融機関初)
ISO 14001認証取得コンサルティング開始
森林整備活動を開始

1999(財)安田火災環境財団(現:(公財)損保ジャパン日本興亜環境財団)設立
SRIファンド『ぶなの森』運用開始

2000「CSOラーニング制度」開始

2002◇ヨハネスブルグ「持続可能な開発に関する世界首脳会議」開催
「持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD)金融セクター声明」署名
「第1回CSRステークホルダーミーティング」開催

2004SRIファンド『未来のちから』運用開始
BCM(事業継続マネジメント)コンサルティング開始

2005(株)ヘルスケア・フロンティア・ジャパン(現:SOMPOリスケアマネジメント(株))設立
「カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(現:CDP)」参加
NPO基盤強化資金助成開始

2006国連グローバル・コンパクト(UN GC)に参加
責任投資原則(UN PRI)に署名
大学における寄付講座を開始

2007(株)損保ジャパン・ヘルスケアサービス(現:SOMPOリスケアマネジメント(株))設立

2008損保ジャパン東郷青児美術館(現:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館)にて「対話による美術鑑賞教育」開始
「カーボン・ニュートラル宣言」を発表
「エコ安全ドライブコンテスト」開始
環境大臣から「エコ・ファースト企業」に認定

2009自動車保険に「Web 型約款」導入

2010NKSJホールディングス(現:SOMPOホールディングス)の誕生
「NKSJグループの考えるCSR(CSR基本方針)」制定(現:グループCSRビジョン)
(財)損保ジャパン記念財団(現:(公財)損保ジャパン日本興亜福祉財団)がASEAN加盟国で海外助成を開始
テネット〈シンガポール〉を連結子会社化
タイで『天候インデックス保険』取扱い開始
◇名古屋「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」開催
「生物多様性民間参画パートナーシップ」に参加
生物多様性コンサルティング開始
◇ISO 26000(社会的責任の国際規格)発行
フィバシゴルダ〈トルコ〉を連結子会社化

2011◇東日本大震災の発生
国内外のグループ会社の環境・社会・ガバナンス(ESG)情報収集開始
損保ジャパン日本興亜(中国)がCSRレポート(中国語)発行開始
生物多様性保全プログラム「SAVE JAPANプロジェクト」開始
(公財)損保ジャパン環境財団(現:(公財)損保ジャパン日本興亜環境財団)「環境問題研究会」にて気候変動の「適応」に関する研究開始
(一財)日本興亜スマイルキッズ(現:(一財)損保ジャパン日本興亜スマイルキッズ)設立
ベルジャヤ〈マレーシア〉を連結子会社化
「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則)」にグループ会社10社(現:7社)が署名
NKSJボランティアデー(現:SOMPOホールディングスボランティアデー)開催開始

2012グループのCSR「5つの重点課題」策定
(株)プライムアシスタンスを設立、アシスタンス事業に参入
「女性のエンパワーメント原則(WEPs)」に署名
◇リオ・デ・ジャネイロ「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」開催
持続可能な保険原則(UN PSI)に署名
(株)シダーの株式を一部取得し、介護サービス事業に参入
ISO 39001(道路交通安全マネジメントシステム)を世界で初めて認証取得

2013「地域貢献ecoプロジェクト(現:地域貢献プロジェクト)」開始
カーボン・ニュートラルを達成
マリチマ〈ブラジル〉を連結子会社化

2014「グループCSRビジョン」「グループ環境ポリシー」「グループ人間尊重ポリシー」「グループCSR6つの重点課題(現:グループCSR重点課題)」策定
グループCSR-KPI策定
キャノピアス〈英国〉および同社の子会社を連結子会社化
日本版スチュワードシップ・コードに署名
東日本大震災復興支援 特別公開 ゴッホの《ひまわり》展の開催
防災ジャパンダプロジェクト開始
インドネシアでの交通安全プロジェクト、ミャンマーでの母子保健プロジェクト開始
フィリピンで台風ガード保険取扱い開始
大手介護事業者(株)メッセージとの資本・業務提携

2015(株)フレッシュハウスを子会社化し、住宅リフォーム事業に参入
天候インデックス保険が国連開発計画が主導する「ビジネス行動要請(BCtA)」に認定
◇2030年に向けた「持続可能な開発のための目標 (Sustainable Development Goals;SDGs)」が国連サミットで採択
◇国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)での「パリ協定」が採択
企業向け安全運転支援サービス『スマイリングロード』の全国展開、個人向けスマートフォン用アプリ『ポータブル スマイリングロード』の提供開始
ワタミの介護(株)(現:「SOMPOケアネクスト(株)」)の完全子会社化など、介護市場における取組みを強化・加速
(株)プロダクト・ワランティ・ジャパン(現:SOMPOワランティ(株))を子会社化し、延長保証事業に参入

2016国内全グループ会社を適用範囲としたISO 14001認証取得
損保ジャパン日本興亜リスクマネジメント(株)、(株)全国訪問健康指導協会、損保ジャパン日本興亜ヘルスケアサービス(株)の3社が合併しSOMPOリスケアマネジメント(株)誕生
グループCSR重点課題の見直し
2020年度を最終年度とする中期経営計画を発表
文化・芸術の取組み「SOMPOパラリンアート・サッカーアートコンテスト」、「SOMPOアート・ファンド」開始
損保ジャパン日本興亜が「女性が輝く先進企業表彰」で「内閣総理大臣表彰」受賞

2017グループ会社5社が「健康経営優良法人2017(ホワイト500)」に認定
SOMPOインターナショナル(エンデュランス)〈英領バミューダ〉を連結子会社化
【東京藝術大学×SOMPOホールディングス】産学連携プロジェクトDiversity on the Arts Project(愛称:DOOR)開始
事業オーナー制を導入

主な取組みのインパクト

「黄色いワッペン」贈呈事業(1965年~) 6,443万枚

全国の小学校新入学1年生に対して、交通事故傷害保険付きの「黄色いワッペン」を贈呈しています。これまでの累計贈呈枚数は2017年4月で約6,443万枚になりました。

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(1976年~) 558万人

ゴッホの《ひまわり》をはじめ、ゴーギャン、セザンヌ、東郷青児、グランマ・モーゼスの作品を常設展示しています。2017年3月には累計入館者数が約558万人となりました。

福祉団体への助成(1977年~) 14億240万円

損保ジャパン日本興亜福祉財団では、社会福祉の最前線で活躍する団体などに対する助成を行っています。2017年度末で累計2,286件、14億240万円を支援しました。

介護福祉士を目指す学生への奨学金の支給(1992年~) 1億7,799万円

損保ジャパン日本興亜福祉財団では、介護福祉士人材の育成を図ることを目的として介護福祉士を目指す学生に奨学金を支給しています。2016年度末で累計258人に奨学金を支給し、総額1億7,799万円を支援しました。

市民のための環境公開講座(1993年~) 18,948人

(公社)日本環境教育フォーラム、損保ジャパン日本興亜環境財団、損保ジャパン日本興亜の三者共催で、環境問題を深く考え、具体的な活動を実践することを目的として開催しています。2016年度末で累計18,948人の方々に参加いただいています。

SRI ファンド『ぶなの森』(1999年~) 約232億円

損保ジャパン日本興亜アセットマネジメントが運用するSRIファンド『ぶなの森』は環境経営度に優れた日本企業に投資しています。2017年4月末時点の純資産総額は約232億円にのぼります。

CSO ラーニング制度(2000年~) 955人

損保ジャパン日本興亜環境財団は、環境分野の人材育成に取り組み、大学生・大学院生を環境NPO/NGOへインターンシップ派遣を行う「CSOラーニング制度」を実施しています。参加者は2016年度末で累計955人となりました。

自動車保険などに「Web型約款」を導入(2009年~) 4,261万件

お客さまの利便性向上と環境負荷削減の一環として、自動車保険の約款などを、紙に替えてホームページでご確認いただく仕組みを導入しています。2015年10月1日始期契約より、個人用火災総合保険でもWeb型約款を導入し、両保険で、累計4,261万件以上のご契約で選択いただきました。

東日本大震災発生-継続的な復興支援(2011年) 3,000人

震災発生後、3,000人を超える社員を現地へ応援派遣し、迅速な保険金支払いに従事しました。変化する現地ニーズにあわせ、現在も継続的な復興支援に取り組んでいます。

SAVE JAPAN プロジェクト(2011年~) 32,175人

環境NPO などと協働で市民参加型の生物多様性保全活動を行う「SAVE JAPAN プロジェクト」を全国で実施しています。2017年3月までに延べ647回のイベントを開催し、32,175人の方々にご参加いただきました。

SOMPOホールディングスボランティアデー(2011年~) 累計51,252人

毎年、グループ社員の社会貢献マインド向上や被災地への継続的支援などを目的として開催しています。東日本大震災復興支援や福祉、環境などさまざまな活動が行われており、累計51,252人の国内外グループ社員が参加しています。

インドネシアでの交通安全プロジェクト(2014年~) 20,000人以上

© Save the Children in Indonesia

当社とPT Sompo Insurance Indonesiaは、子ども支援専門の国際組織である(公社)セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンと協働で、西ジャワ州バンドン市の小・中学生を対象に、交通安全教育および現地行政と連携した学校周辺の交通安全設備の整備推進、子どもの交通安全に関する社会啓発活動を行っています。これまでに20,000人以上の方に参加いただきました。

防災ジャパンダプロジェクト(2014年~) 9,000人以上

災害から身を守るための知識や安全な行動を理解していただくことを目的に、パペットシアターゆめみトランクとNPO法人プラス・アーツと協働で、「防災人形劇」および「体験型防災ワークショップ」を、将来を担う子どもたちとその保護者を対象に実施しています。2017年3月末時点で、全国で延べ73回開催し、9,000人を超える市民の皆さまに参加いただいています。