国内生命保険事業

グループ事業のなかで高い成長性を有している分野であり、国内損保事業に続く第二の柱として、お客さまに選ばれる商品・サービスを提供し、「成長の加速」を実現していきます。『新・健康のお守り(2014年5月発売)』と『新・健康のお守り ハート(2015年4月発売)』は、発売以来の申込件数が合算して60万件に達するなど、お客さまから高い評価をいただいています。

国内生命保険事業の特徴・強み

商品の構成

お客さまを取り巻く社会構造、ライフスタイルの変化に応じて、お客さまのリスクをカバーするさまざまな保険商品を提供しています。

事業の成長性

医療保険・収入保障保険などの保障性商品の販売に注力する戦略により、効率と収益を伴った成長を実現しています。

トピックス

要介護1以上で介護一時金が受け取れる特約を発売
~軽度の要介護者が急増する現状に対応~(2017年3月)

2017年4月2日に医療保険(2014)・低解約返戻金型終身保険(無配当・5年ごと利差配当付)に付加できる新特約として、「介護一時金特約」を発売しました。公的介護保険制度の要介護1以上と認定されたお客さまに介護一時金をお支払いします。 公的介護保険で要介護・要支援と認定されている方は、2015年3月末時点で約606万人になりました。なかでも要介護1の方が117万人(全体の19.3%)で最多となっています。軽度の要介護状態であっても、住宅のリフォーム改修費用等の一定の支出が考えられ、当社は介護が必要な方が急増するなかで、最多の割合を占める要介護1の方を保障範囲とすることで、幅広いニーズに対応します。

健康サービスブランド「Linkx(リンククロス)」の立ち上げ

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、「安心・安全・健康のフロントランナー」として、生命保険のその先へ、お客さまが健康になることを応援する「健康応援企業」への変革を目指します。2016年9月、お客さまに心地よく、楽しく、健康を維持していただくことをコンセプトとして、健康を軸とした革新的な商品や、アプリを中心とした健康関連サービスを提供していく健康サービスブランド「Linkx(リンククロス)」を立ち上げました。

健康増進に向けたパートナーシップ契約の締結~無料の健康サービス「Linkx(リンククロス) 」アプリの会員登録で「Re.Ra.Ku」のサービス10%割引~(2017年3月)

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命と株式会社メディロムは、両社が展開するサービスの拡充と新たなビジネス機会の創出に向けたパートナーシップ契約を締結しました。本提携は、当社が目指す健康エコシステム形成におけるパートナーシップ提携のひとつであり、今後も健康に資するサービスの展開により、お客さまの健康増進を応援していきます。

継続的な散歩で健康促進を図る新アプリ「Linkx aruku(リンククロス アルク)」全国約300コースの散歩コースを当社の社員が歩いて作成(2017年3月)

「Linkx aruku(リンククロス アルク)」は「毎日」「無理なく」「楽しく」「歩く」ことを目的とした散歩アプリです。「Linkx aruku(リンククロス アルク)」では、散歩中の発見を写真やコメントで共有したり、全国500コース以上(2017年3月30日時点)のおすすめ散歩コースから選んで歩くことができます。

パートナーや友人と続けられるダイエットアプリ新登場!!「Linkx reco(リンククロス レコ)」~毎日4つの簡単なタスクで体型改善~(2017年3月)

「Linkx reco(リンククロス レコ)」は、体型改善を目的として、ウォーキングや食事内容を記録(recording)し、毎日簡単なタスクを実行することで、健康的な生活習慣への行動変容を促すアプリです。ペアリング機能を備えているため、パートナーや友人など二人で一緒に取り組みながら、無理なく続けることができます。

「わたしの健康」を支える。健康キュレーションアプリが登場!!「Linkx siru(リンククロス シル)」無料で誰でもダウンロードが可能なアプリの提供を開始(2016年10月)

「Linkx siru(リンククロス シル)」は、最新の分析技術でお客さまが読む記事の傾向を学習し、健康を軸とした最適な記事を配信するキュレーションアプリです。
心地よく、楽しく、「わたしらしい健康」を維持していただくために、最先端ICT技術を活用し、読んだ記事に応じて、お客さま一人ひとりのニーズにマッチした健康に関する情報を配信していきます。使えば使うほど、世界に一つだけ、「わたし専用」のアプリに成長していきます。

月々500円で加入できる臓器移植・先進医療特化型保険Linkx coins発売(2016年9月)

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、月々500円の保険料で加入出来るネット専用商品「Linkx coins(リンククロスコインズ)」(正式名称:臓器移植医療給付金付先進医療保険)を発売しました。
Linkx coinsは、いざというときの治療に、必要な保障に特化した商品です。被保険者が先進医療による療養を受けたときの先進医療給付金と先進医療一時金、および所定の臓器移植を受けたときの臓器移植医療給付金をお支払いします。Linkx coinsは、ひまわり生命が展開する健康サービスブランド「Linkx(リンククロス)」のもとリリースした、初の保険商品です。

プレミアムフライデー“ズ”の導入~健康応援企業を目指す企業としての社員への取組み~ (2017年2月)

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、働き方改革の一環として、2017年3月から、プレミアムフライデーズの取組みを開始しました。お客さま対応業務が月末の金曜午後も恒常的に発生する保険業であることを踏まえ、毎週金曜日を「プレミアムフライデーズ」と定め、社員は自身や業務の都合に合わせ、月に1度、15時退社とします。今回のプレミアムフライデーズ導入により、全社員約3,200人の労働時間が月2時間短縮することを一人ひとりの働き方を見直すきっかけとし、生産性向上を目指します。今後も新たに働き方改革に取り組みます。

株式会社ふくおかフィナンシャルグループ、iBankマーケティング株式会社との業務提携(2016年7月)

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ、iBankマーケティング株式会社と業務提携し、保険・金融分野における新たな価値創造を目指します。『iBank(アイバンク)』はスマートフォンを活用して、金融を軸としたサービスと、ライフスタイル/ライフイベントに隣接した非金融系のサービスをシームレスに繋ぐことで新しい顧客体験・価値を提供することを目的に展開するマネーサービスブランドです。

関連グループ会社

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社

先進的な商品・サービスを提供し、グループの成長を牽引する生命保険会社です。