SOMPO ボールゲームフェスタ

SOMPOホールディングスは、日本の将来を担う次世代の子どもたちに、夢と希望と健康を与える「SOMPO ボールゲームフェスタ」を積極的に応援しています。

『SOMPO ボールゲームフェスタ』について

日本トップリーグ連携機構が主催する地域密着型のスポーツイベントで、主に小学生を対象に、さまざまな団体ボール競技を体験するプログラムです。
同機構に所属するトップアスリートが、運動の楽しさや技術を指導するとともに、運動を通じて、親子のコミュニケーションを図るほか、参加者同士の触れ合いを通して、体を動かす楽しさを体験しながら、基本的な技術の習得や技術力をアップさせる機会を提供し、次世代の子供たちのスポーツライフを支えるイベントです。
2017年度は全国36ヶ所で開催が予定されています。

アンバサダーの紹介

ボールゲームフェスタアンバサダー

大山 加奈(バレーボール・Vリーグ)
バレーボール解説者
元バレーボール日本代表
JVA広報委員
JVA国内事業本部委員

鈴木 啓太(サッカー・Jリーグ)
元日本代表MF
浦和レッズのキャプテンとして活躍
2015年、惜しまれながらも引退

スペシャルゲスト

各会場でオリンピックメダリストや出場経験のある選手・OB・OGをゲストに招き、参加者と一緒に体験をします。
ボールを扱う種目に限らず、競泳や陸上など幅広いオリンピアンを予定しています。

※ 裾野会場 松本弥生様(競泳 ロンドン・リオ五輪出場)

開催一覧

No, 開催地 会場 開催報告
1 静岡県裾野市 裾野市民体育館 4月22日(土)
2 千葉県我孫子市 我孫子市民体育館 4月30日(日)
3 東京都足立区 帝京科学大学千住キャンパス 5月6日(土)
4 鹿児島県出水市 出水市総合体育館 5月27日(土)

詳細はこちらをご覧ください。

2016年度 SOMPOボールゲームフェスタのふりかえり

4月からスタートした「SOMPOボールゲームフェスタ」は、全国34箇所で開催し、「ボールであそぼう!」には、1,848組・3,729名の親子、「キッズチャレンジ」には、3,215名の子どもたちと、のべ6,944名の方に参加いただきました。
参加いただいた方々からは、「運動の基礎を楽しく学ぶことができた」「いろいろな競技を体験できるのが良かった」「子どもと一緒に体を動かす機会も少ないので楽しめた」など多くの嬉しい声をいただきました。
SOMPOボールゲームフェスタは、次世代を担う子どもたちに、「スポーツを通じて健康になってほしい」「本イベント通じてスポーツの魅力を再発見してほしい」という願いから、全国各地で開催されてきました。来年は全国36箇所で開催予定です。
当社は来年度も引き続きスポンサーとして参加し、本イベントを応援していきます。