決算の概況および業績予想

連結経営成績に関する定性的情報

当第1四半期連結累計期間における世界経済は、米中間の通商問題などの成長に対する不確実性が高まりましたが、アメリカの景気は緩やかに拡大するなど、全体として緩やかな回復が続きました。わが国経済は、輸出などに弱さがみられたものの企業収益は底堅く推移し、また、雇用情勢の改善に伴う個人消費の持ち直しが継続しており、緩やかな回復が続きました。
このような経営環境のもと、当第1四半期連結累計期間における当社グループの業績は次のとおりとなりました。
経常収益は、保険引受収益が9,139億円、資産運用収益が634億円、その他経常収益が393億円となった結果、前年同四半期連結累計期間に比べて227億円増加して1兆167億円となりました。一方、経常費用は、保険引受費用が7,977億円、資産運用費用が75億円、営業費及び一般管理費が1,339億円、その他経常費用が345億円となった結果、前年同四半期連結累計期間に比べて526億円増加して9,738億円となりました。
以上の結果、経常収益から経常費用を差し引いた経常損益は、前年同四半期連結累計期間に比べて298億円減少して428億円の経常利益となりました。
経常利益に特別利益、特別損失、法人税等などを加減した親会社株主に帰属する四半期純損益は、前年同四半期連結累計期間に比べて249億円減少して305億円の純利益となりました。

連結財政状態に関する定性的情報

当第1四半期連結会計期間の連結総資産は、有価証券の増加などにより前連結会計年度に比べて554億円増加し、12兆736億円となりました。

連結業績予想に関する定性的情報

当連結会計年度の業績につきましては、経常利益2,500億円、親会社株主に帰属する当期純利益1,680億円の見通しであり、2019年5月20日の決算短信で公表した連結業績予想から変更しておりません。